元世界チャンピオン花形進の「強さ」の教育

花形進が教える「真の強さ」とは?子供の躾けに困惑する親御さん、すべての教育現場に携わる方々、職場で指導的立場にある方、そして何より「強く生きたい!」と心から願うすべての方、必見のブログだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花形進の横顔 その4

 勝ったり、負けたり。負けたり、勝ったり。負けたり、負けたり・・・
 しかし、諦めずに明確な目標を持って努力を怠らない者に、終わりのないトンネルはない。
 花形進は昭和43年、10回戦選手に昇格する。実に31戦を積み重ねた後の10回戦昇格であった。

 10回戦に進んでからの花形進は連戦連勝を重ねた。それまでKO勝ちが一つもなかったが、長い下積み時代に培った技術と、絶え間ない鍛錬に裏打ちされたスピード、そしてなによりも不屈の精神力が、花形進を飛躍させた。昭和43年7戦7勝、2KO。この数字がそれを物語る。

 この時期花形進は、あの伝説のボクサー大場政夫に判定勝利を収めている。後にWBA世界フライ級チャンピオンとして5度の防衛に成功するが、現役王者のまま不慮の事故死を遂げ「永遠のチャンプ」と称される伝説のボクサー、大場政夫だ。
 しかし、この勝負はやがて後に花形進vs大場政夫の因縁の世界タイトルマッチへとつながって行くのだが・・・

 さて年が明けた昭和44年、花形進は大きく花が開く。
4月にスピーディー早瀬を破り日本フライ級チャンピオンの座に登りつめたのだ。
そしてその勢いは留まることを知らなかった。
 6月に現役のWBCフライ級チャンピオン・アラクラン・トーレス(メキシコ)とノンタイトル戦ではあるが、ロサンゼルス遠征でのカードが決まったのだ。

 つい数年前、1勝もできない年もあった。“世界”など程遠かった。見上げても見上げても、世界は霞んで見えた。
 いや、そう思っていたのは周囲の人々でしかなかったのかもしれない。少なくとも花形進には見えていた。少なくとも見ていた。世界を見ていたからこそ、負けても負けても、翌日からジムに顔を出し練習に打ち込んできたのだ。負けたから、勝つことを考えた。負けたから、勝つために練習をした。

 勝負をしたからこそ、「負け」があり、「負け」があるからこそ、「勝ち」に向かう力を得られる。勝負をしない者に、「勝ち」も「負け」もない。

 メキシコのトーレスはサソリと呼ばれた強打者であった。マスコミをはじめ、周囲は花形進の勝利の可能性はないと踏んでいた。完全にノーマークであった。
 花形陣営は、人知れずほとんど取材を受けることもなく、ひっそりと羽田空港からロサンゼルスへ向けて飛び立った。

つづく

スポンサーサイト

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。