元世界チャンピオン花形進の「強さ」の教育

花形進が教える「真の強さ」とは?子供の躾けに困惑する親御さん、すべての教育現場に携わる方々、職場で指導的立場にある方、そして何より「強く生きたい!」と心から願うすべての方、必見のブログだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花形進の横顔 その5

 花形進は、花形ボクシングジムの選手が試合に負けると、負けた選手に対してこんな言葉をかける。
 「勝負なんだから勝ち負けの結果は仕方ないよな。くよくよ考えたって変わらないぞ。だいたい、お前はスーパースターでも、ヒーローでもないんだから、1回や2回負けたから何だってんだよ。悔しかったら明日から練習しろ」
 
スーパースターでもヒーローでもないなら、練習に打ち込め。
これを実践してきたのは、紛れもない花形進本人であった。
そして、その男が多くの人々の度肝を抜き、ヒーローとなる。

WBCフライ級チャンピオン・アラクラン・トーレス(メキシコ)と花形進のロサンゼルス遠征ノンタイトル10回戦は、誰もの予想を覆した。
 花形進は持ち前のヒットアンドアウェー戦法で、トーレスのパワーを空転させ、終始リード、文句なしの判定勝ちを収めたのである。ボクシング界の快挙だった。
 帰国すると空港にはマスコミ取材陣が待ち構えていた。出発の時とのギャップに花形進は少なからず驚く。猛烈なカメラのフラッシュの嵐、詰め寄る記者達・・・
 弛まぬ努力の末、花形進はついに栄光を掴んだのである!!!

 と、“スポ根”ドラマならば、ここでエンディング・ミュージックが流れ、THE ENDとなることであっただろう。
 しかし、人生は言わば死ぬまで終わりのないドラマだ。
 
 世界チャンピオンから奪った大金星とはいえ、あくまでもノンタイトル戦。世界チャンピオンの座は、もはやすぐ目の前、手の届くところ、時間の問題、ではあったとしても世界チャンピオンでないことには違いない。
 
帰国後、花形進は、日本フライ級チャンピオンとして再びスピーディ早瀬を打ち破り、防衛を果たし、その勢いのままトーレスとの念願のタイトルマッチを迎える。
 敵地メキシコでの戦いとはいえ、5ヶ月前に打ち負かした相手である。実力で行けば花形進が勝つ。それだけのテクニックも勢いも持ち合わせていた。何よりも彼自身に強い闘志と自信があった。
 
 しかし、結果は花形進の判定負けであった。

 (つづく)

※当ブログは月2回程度の更新になります。

スポンサーサイト

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。