元世界チャンピオン花形進の「強さ」の教育

花形進が教える「真の強さ」とは?子供の躾けに困惑する親御さん、すべての教育現場に携わる方々、職場で指導的立場にある方、そして何より「強く生きたい!」と心から願うすべての方、必見のブログだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花形進の横顔 その9

人生はドラマティックではあるが、映画やテレビドラマではない。
ハッピーエンド、それも絶頂の内に幕が下りる、あるいはエンディング曲が流れ、“The END”とはならない。

花形進は現役ボクサーを引退した。
しかし、花形進の人生というドラマに良くも悪くも幕が下りたわけではなかった。
現役時代に看護士として勤める妻三千代さんと結婚、息子の晋一さんと家庭を築いていた花形進は、即座に生活の経済面について考えねばならなかった。

世界チャンピオンの座にあったとはいえ、引退してしまえばファイトマネーをはじめそれまでの後援者からの支えなど一切の収入は途絶える。
いくらかの蓄えがあったとしても、30代前半の夫婦と育ちざかりの子供の一家3人が生活はすぐさま崖っぷちに立たされるのだ。

いずれはボクシングジムを経営して後進の指導に当たり、ボクシング界に貢献したい。また世界チャンピオンを育てるということをしたい。
そんなことを考えてはみたが、ジムを設立するような資金などまったく当てがない。
だからと言って、10代からボクシング一筋で生きて来た者に一般的な会社勤務が出来るとも思えない。いや、むしろずっと勝負の世界に身を置いてきた者としては、人生でエキサイティングにもう一勝負したい。

思考錯誤するうちに、花形進は現役時代の後援者が経営する横浜にある焼き鳥屋に身を投じた。
修行を積みお金を貯めて飲食店経営者になろう・・・それを目標として掲げた。
世界チャンピオンになるためにあれ程忍耐し続けられたのだから、焼き鳥屋の修行もきっと乗り越えられるはずだ。そうも思った。

だが、実際にはそう、たやすいことではなかった。
花形進には「元世界チャンピオン」という冠が自他ともに付いてまわったのだ。
 現役時代の花形進を知る者は店頭に立つ彼の姿に驚いた。もちろん尊敬の眼差しを向ける者があったが“冷やかす”者もいた。また、彼を知らぬ者は「おいお前!」と乱暴に花形進を呼びつけた。
 
 何が花形進を苦しくさせているのか分からなくなった。
 粗略な客の態度や言葉か?あるいはかつて世界一の男としてスポットライトを浴びて人々の賞賛を受けた花形進の「心」そのものなのか?

余談であり果てしない後日談となるが、現在花形ボクシングジムのトレーナーの一人石渡氏が、はじめてボクシングジムの門を叩こうとしていた頃、彼の父親が猛反対をしたという。
父は、自分が昔通っていた横浜の焼き鳥屋に元世界チャンピオンの人物が働いていて、世界チャンピオンになっても生活は大変なのだから、と反対したのだ。

しかし、石渡氏はその反対を押し切り、花形ジムに入門、プロボクサーになり引退しトレーナーとなった。長い間その父の話に出てきた「焼き鳥屋の元世界チャンピオン」が自分の師である花形進であったことを知らなかったという。
はじめてそれを知った時、その偶然性に驚いたことは言うまでもない。

つづく

スポンサーサイト

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。