元世界チャンピオン花形進の「強さ」の教育

花形進が教える「真の強さ」とは?子供の躾けに困惑する親御さん、すべての教育現場に携わる方々、職場で指導的立場にある方、そして何より「強く生きたい!」と心から願うすべての方、必見のブログだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花形進の横顔 その6

 花形進の初めての世界タイトルマッチへの挑戦は「負け」という結果で終わった。
 しかし、この時22歳。「世界」を垣間見た花形進は、自分の心の内から「諦める」という選択肢を既に排除していた。
  それは、長い時を費やして努力し続ける中で育んだ姿勢であったのであろう。また、そんな姿勢の男に周囲も世界挑戦のチャンスを1度くらいで終わらせはしなかった。
 いや、2度や3度で終わらせはしなかったのだ。

 綿貫誠一戦、垂水茂戦と日本タイトル防衛戦を勝利で経て、トーレス戦から1年半後、昭和  46年4月エルビト・サラバリア(フィリピン)を相手に2度目のWBC世界フライ級タイトルに挑戦、再び判定で敗れる。
 当然の如くの再起。
 1年後には3度目の世界タイトルマッチで花形進は、あの大場政夫に挑んだ。
花形進は世界ランク4位、大場政夫にとっては3度目の防衛戦であった。
大場政夫には、4年前勝っていた。
 「そうですね・・・」と花形進は当時を振り返る。
 「大場君は僕に負けたことを忘れられなかったんでしょう。世界王者が過去に負けた相手をそのままにしておくことは出来ない。それが彼の負けん気なんですね。だから僕も燃えたわけです」

 だが、花形進は試合直前に体調を崩し減量に失敗してしまった。計量の際に0.9キロオーバーしてしまったのだ。
 1回目の計量の後、サウナでウエートを落とすものの、38.2度の熱を出すなど、コンディションは最悪になっていた。「いや、本当につらいなんてものではなかったですよ」と、あまり弱音を語らない花形進が珍しい。

 そうしてドクターストップ寸前の体で花形進はリングに上がった。
 しかし、その試合で見せた彼の闘魂はすさまじかった。
 前半はリーチに恵まれた大場に押されるものの、12回、13回と花形進は猛反撃、大場を再三ロープに追い詰めた。
 「それでも大場君は強かったですね。なにしろガッツがあった。一発入れると二発三発と打ち返して来る。何よりも勝負を捨てない。お互い執念で打ち合っていたような気がします」

 当時のマスメディアも絶賛した激しい攻防の世界戦は、主審が71-71の裁定をするも、花形進の判定負けに終わった。
 花形進は再び、地道な努力の日々に身を置き、次のチャンスをじっと待つことを余儀なくされた。「諦めるな」その言葉を何度も何度も自分に言い聞かせた。

 一方、大場政夫はその翌年、所属ジムへ愛車のシボレー・コルベットで首都高を運転中に不慮の事故に遭い、現役世界王者のまま23歳という短い生涯を終えてしまった。
 戦績は38戦35勝16KO2敗1分。
 2敗のうち1敗は花形進が奪ったものだ。

 花形進にとっても大場政夫にとっても生涯お互い忘れ得ぬ対戦相手であったことは言うまでもない。

つづく
スポンサーサイト

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。